Mythology

~The relationship between humans and nature hidden in mythology~

In ancient times, all the peoples scattered around the world had their own myths.

It was also their respective philosophies about the world, nature, and the universe.

Through mythology, people have expressed their position in the universe and nature and the relationship between them, and by constructing their own worldview, which can be called a philosophy of life, they have behaved in a humble and elegant manner towards nature and the people around them.

In Japan, there is an ancient concept of "eight million gods" in which the soul resides in all things. This seemingly simple animistic idea has been deeply rooted in our culture for a long time, and has also been the source of people's norms and morals.

However, as post-modern scientific rationalism undermined people's values, we lost our reverence for nature and began to behave in an arrogant, controlling and violent way.

In this context, we the people of today, are exposed to a number of crises, such as the fury of nature brought about by abnormal weather, the loneliness brought about by human relationships that have lost their connection, and the destruction of the environment behind the scenes of mass consumption society.

I think this is because we have lost the philosophy of life, we have lost the sense of distance, the way of dialogue and the way of dealing with nature.

I hope that now, once again, we can uncover the wisdom that humanity once possessed in order to face our existence and our relationship with nature.

And that is the reason why I study the philosophy of mythology and express it in my own way.

With this background, the series will focus on the relationship between people and nature in the stories.

In mythology and folktales, natural phenomena and natural objects are personified or characterized in the stories.

They can talk to people and give them help or benefits, or they can sometimes deceive or harm them.

Nature has a way of transforming itself and interacting with us in different ways.

It is wisdom that brings us closer to nature and a way of expressing the truth.

It is in these expressions that we have come to feel the inexhaustible richness of nature and to be awed by its whims.

I wanted to express the relationship between people and nature by incorporating this kind of familiarity with nature into my paintings.

Inspired by motifs and memorable scenes from myths and folktales, this series shows human-like characters together with natural phenomena and natural objects.

In my artwork, I want to express the various problems we are facing today and the distance we have from nature by combining motifs that actually appear in stories with contemporary motifs.

Myths come to life again and breathe their life into the modern world.

I hope that the artworks in this series will, if only in a small way, inspire you to do so.

~神話に秘められた、人と自然との関係~

 

 

太古の時代、世界に点在していたいずれの民族も、それぞれの神話をもっていました。

 

それは、世界や自然、宇宙に対するそれぞれの哲学でもありました。

神話によって人は、宇宙や自然の中における人間の立ち位置やそれらの関係性を表現し、生の哲学ともいえる独自の世界観を構築することで、自然やまわりの人たちに対して、謙虚で上品な振る舞いを行ってきました。

 

日本にも、万物に魂が宿る「八百万の神々」という古来からの考え方があります。一見素朴なアニミズム的ともいえるこうした考えは、長い間、我が国の文化に深く根を下ろし、人々の規範や道徳の根源でもありました。

 

しかし、近代以降の科学的合理主義が人々の価値観を蝕む中で、私たちは自然への畏敬の念を失い、傲慢で支配的、暴力的な振る舞いをし始めるようになってしまいました。

 

そうした中、現代を生きる私たちは、異常気象がもたらす自然の猛威、繋がりを失い希薄になった人間関係がもたらす孤独感、大量消費社会の裏で繰り広げられる環境破壊等々、数々の危機に晒されています。

これらはいずれも生の哲学を失い、自然との適度な距離感や対話の方法、向き合い方を見失ってしまったがゆえのことであると思います。

 

私は、今こそ改めて、人という存在に向き合い、自然との関係に向き合うために、人類がかつて持っていた智慧を掘り起こすことができたらと考えています。

そしてそれこそが、私が神話の持つ哲学を学び、自分なりに表現する理由でもあります。

 

こうした背景をもった本シリーズは、物語の中の人と自然との関係性に注目したものになります。

 

神話や昔話では、自然現象や自然物が擬人化されたり、キャラクター化されて物語に登場します。それらは、人と会話し、手助けや恩恵を与えることもあれば、時に人を騙したり危害を加えたりすることもあります。自然は巧みに姿を変え、人間と様々な関わり方をするのです。

それは自然をより身近に感じさせる智慧であり、真実を表現するための方便でもあります。そうした表現の中で人は、自然の汲めども尽くせぬ豊かさを感じ、その気まぐれに畏れを感じてきたのです。

 

私は、この様な自然を身近に感じさせる表現を絵画制作に取り入れる事によって、人と自然との関係性を表現したいと考えました。

 

本シリーズでは、神話や昔話に出てくるモチーフや印象的なシーンから発想を得て、人を模したキャラクターと自然現象や自然物が共にある姿を表現しました。

 

作品の中では、実際に物語に登場するモチーフと、現代的なモチーフを組み合わせる事によって、今の私たちが抱えている様々な問題や自然との距離感を表現したいと考えています。

 

神話が再び息を吹き返し、その息吹を現代に吹き込む。

本シリーズの作品が、わずかでも、そうしたきっかけをつくることができたら幸いです。