​心と体の動き

人は、行動することで気持ちに変化が起こったり、心境の変化で行動が変わったりと、

人間の体と心は影響し合って未来に進んでいくものだと感じます。

体が透けて心が見えているというイメージで、心の動きと体の動きを同じ画面に描きだしています。

モチーフとなる人間の骨格を針金で作り、それを画面に映して肉付けをするという感覚で、皮膚の部分や心を表す黒い部分を描いていきます。
平面ですが、立体を作っていくというつもりで絵の具を重ねています。